初めてのキャッシングで驚き

注目

私は先日生まれて初めてキャッシングを体験しました。それまでのイメージとしては、やはりキャッシングとはお金を借りるという事ですから、面倒な手続きやたくさんの書類などが必要だと思っていました。

しかしなんと私のクレジットカードにはキャッシング枠がついていて、その事をずっと忘れていたのです。そしていざお金に困ってしまった時に、キャッシングについて調べている際に自分のクレジットカードのキャッシング機能に気がつきました。

クレジットカードの時に審査などは全てすんでおり、私はそのカードを持ってATMにいくだけで簡単にキャッシングを行う事ができました。まさかここまで簡単にキャッシングをできるとは思っていなかったので驚きましたね。

皆さんもクレジットカードを作る際に、キャッシング枠の有無にチェックを入れてそのまま忘れてしまっている可能性もあります。なのでお金に困ってしまった際には是非確認してみてください。そうすればきっと簡単にキャッシングに辿り着ける事でしょう。

各キャッシング会社の違いとは

どのキャッシング会社を選べば有利に利用できるのかと悩んでおられる方も多いと思いますが、大手と呼ばれているキャッシング会社のサービスというのは程度の違いこそあれ大体同じような感じになっていると言われています。
金利面では多少幅があるようですが、それでも微々たる差だと思いますのでそこまで神経質になって選ぶ必要はないかと思います。

差があるとすれば初めて利用する方へのサービスとして、無利息で利用できる期間があるかないかということになるかと思います。
大体ひと月程金利ゼロで利用できる期間が用意されていますので、ちょっとでも負担を軽くしたいという方にはオススメかと思います。

またキャッシングはコンビニのATMで利用できるという利点がありますが、その際にかかる手数料が各社によって異なりますので、選ぶ時には気にされたほうがいいかと思います。
中には特定のコンビニだったら手数料が無料というところもありますので、賢く選んでいくことが重要なのだと思います。

想像以上に使いやすいカード

友人が別のカードローンに変えたいという話をしており、CMでやっていたバンクイックなんてどうかと返してみました。
バンクイックはBSの番組を見ていた時に知ったもので、キャッシングと同じようなサービスを提供するカードローンです。

これなら友人も満足してくれるのではないかと思って言ったのですが、これが友人を大きく変える結果となりました。
友人は早速バンクイックに申し込みを行って、無事にカードを発行することが出来ました。

このカードローンは思いのほか使いやすいもので、本当にキャッシングのような使い勝手が出来るのです。
今までカードローンは沢山借りなければ使えないと思っていた事実が、あっという間に変わってしまったと話していました。

それを聞いて、自分もバンクイックを作ってみようと思いました。
早速申し込みをすると、利用限度額こそそんなに高くありませんでしたが、カードは発行されました。

使ってみると本当にカードローンかと思ったほどで、とても使いやすいカードでした。

貯金をする際のちょっとした心構え

お金というのは、ないよりはあったほうがもしもの時などとても助かるでしょう。
ですが、貯金するにはコツといいますか心構えを持ったほうが貯めやすくなります。

まずは、なぜお金を貯めるのかを正確に目標を持ちましょう。
ただ貯金をするだけでは、いままで貯金をしてこなかった人にとっては難しいかと思います。

そのため、もしもの時というあいまいな目標で貯金をするよりは、何か欲しいものを買うために貯金するなど明確な目標を持つようにしましょう。
もし、欲しいものがなくて購入するための目標になるものが浮かばないという人は、一か月に何万円貯金するというように一定期間で区切ってノルマを設けるようにしましょう。

これでほしいものがない人も貯めやすくなるかと思います。
貯金するために節約することはいいことだと思いますが、節約するためにご飯を食べないなど、生活の質が悪くなってしまっては本末転倒です。

無理をしない範囲で貯金をするように心がけましょう。

貯金をするにはお金の使い方を見直す

私は家計簿をつけることによって、お金の使い方を意識するようにしています。
家計簿をつけるようになってから、毎月の食費の多さと、服飾費の多さに唖然としました。

私は外食をすることが多く、一食当たり千円程度お金を払うこともよくありました。
しかし、今は貯金をすることを目指しているので一食当たり五百円以下になることを意識し、時間があるときには自宅で自炊をするようにしたり、スーパーマーケットでリーズナブルな惣菜を買ってご飯は自分で炊くなどして、食費を抑えるようにしています。

服飾費はレシートを必ず保管するようにし、一ヶ月にいくら使ったかをきちんと記しています。
目標は一ヶ月二万円以下ですが、ついつい三万円程度買ってしまうので反省です。

貯金は自分の心の支えとなりますし、心に安心感とゆとりを生み出してくれます。
万が一病気になってしまうこともあるかもしれないですし、出費は何があるか分からないので、今は百万円の貯金を作ることを目指して、節約を頑張るように心がけています。

キャッシングは便利です

キャッシングは怖いものと思ってはいませんか。

私も、つい最近利用するまでは、なんだか怖いイメージを持っていたのですが、利用してみてそのイメージは変わりました。

まず何故キャッシングを利用する事になったかというと、実は欲しい靴があったからなのです。

靴くらいでキャッシングと思われる方もおられると思いますが、街で見かけた靴がどうしても欲しくなってしまったのです。

以前から歩きやすいパンプスが欲しいと思っていたのですが、なかなか自分の足に合う靴がありませんでした。

しかし街で見かけたそのパンプスは私の足にフィットして、どうしても欲しくなってしまったという訳です。

しかし給料日前という事もあって悩んだのですが、そんな靴に出会える事は無いかもしれないと思ってキャッシングを利用する事に決めました。

キャッシングはインターネットから申し込みが出来るので、時間の無い私にピッタリでした。

また自宅からなら誰にも知られずに申し込みをする事が出来ます。

その点においても、大変便利でした。

手軽にキャッシングを利用出来て、本当に助かりました。

今までキャッシングを根拠もなく怖れていたのですが、これからは困ったら利用しようと思っています。

金融機関が独自にもつ信用情報について

キャッシングの申し込みを受けると、金融機関は信用履歴を参照して審査を行います。この信用履歴は5年でクリアされると言われており、過去に返済が滞ったりしたことがあったとしても、5年待てばまた他の人と同じ基準で審査を受けることができると言われています。

ところが、5年以上経過しているにもかかわらず、審査が厳しいままで申し込みを却下されてしまう、というケースがあります。もちろん審査は収入や職業も考慮されるわけですが、以前と同じ条件であったにも関わらず審査に落とされてしまうということもあるのです。

実は金融機関は信用情報機関とは別に独自で顧客の情報を保持しています。滞納した状況やその額にもよりますが、過去の事故情報を5年を超えて持ち続けている金融機関は当然あります。よって、以前に返済が滞ったことがある顧客に関しては、信用履歴に記載はなくとも独自の情報に基いて申し込みを却下することがあるのです。

ただ、信用履歴とは違ってこの情報はその金融機関独自のものですから、ほかの金融機関とは共有されていません。よって、今まで滞納したことがない金融機関であれば、審査に通る可能性は高いと言えます。