不幸に遭ったときになる元金を援助してなくなる共済

 先日、書面位置づけに「これはとことん検討しなければいけないな」という冊子が投函されていました。それは何の冊子かというと「ちょこっと共済」という東京の一般人が対象になっている往来災難共済の冊子でした。

 その冊子をそれほど読んでみると、年間で1000円か500円の2カテゴリーの授業があり、それに応じて事故などに遭った時、見舞代が頂けるはでした。私はその冊子を読んだ時、ほんとにその掛け金の安さに何とも驚きました。一目、年間ではなくて毎月の非ではないか?と思いましたが、確かに通年ってその冊子には記されていました。

 一段と詳細を確認すると、普通の民間保険に比べれば確かに取れる原資は大きな額面ではないのかもしれませんが、年間の掛け金の安さを考えれば、それは本当に価値のある共済だと私は思いました。

 事故に遭った時、治療費などでお金が大勢要ることを考えれば、多少なりとも原資を援助して頂けるのはとても助かります。ですので、原資のことをシビアにとらえ、私はこういう共済に参入したいと思っています。会員ページにログインするモビットのサイト