金融機関が独自にもつ信用情報について

キャッシングの申し込みを受けると、金融機関は信用履歴を参照して審査を行います。この信用履歴は5年でクリアされると言われており、過去に返済が滞ったりしたことがあったとしても、5年待てばまた他の人と同じ基準で審査を受けることができると言われています。

ところが、5年以上経過しているにもかかわらず、審査が厳しいままで申し込みを却下されてしまう、というケースがあります。もちろん審査は収入や職業も考慮されるわけですが、以前と同じ条件であったにも関わらず審査に落とされてしまうということもあるのです。

実は金融機関は信用情報機関とは別に独自で顧客の情報を保持しています。滞納した状況やその額にもよりますが、過去の事故情報を5年を超えて持ち続けている金融機関は当然あります。よって、以前に返済が滞ったことがある顧客に関しては、信用履歴に記載はなくとも独自の情報に基いて申し込みを却下することがあるのです。

ただ、信用履歴とは違ってこの情報はその金融機関独自のものですから、ほかの金融機関とは共有されていません。よって、今まで滞納したことがない金融機関であれば、審査に通る可能性は高いと言えます。